iPhoneXのケースを選ぶ

###Site Name###

iPhoneXは、スタイリッシュで使いやすいインターフェースを持っているスマートフォンです。

サードパーティーでは、多数のアクセサリーを販売しており、多くのユーザーが使っているのがケースです。

ケースは、素材やデザインによって色々な商品が販売されており、ロゴやイラストなどが施された物から本皮やアルミなどの素材を使った物など多彩な物が揃っています。

iPhoneXは、モデル毎にデザインやサイズが違いますので、ケースもモデル毎に違ってきます。iPhoneXのケースを購入する時には、モデルに対応している物を購入するのが大切です。

iphoneX向けケースも好みで選んでみませんか。

ケース選びを行なう事でお気に入りのケースを見つける事が出来るでしょう。

大手家電量販店やオンラインショップやPCショップなどで商品が販売されていますので、用途に合った物を見つけて購入していくのが良いでしょう。

人気のある商品は、システム手帳タイプの物であり、本体を全て保護してくれるのが特徴になってます。

色々な製品が販売されていますので、色や素材によって選択の幅があります。


本皮を素材にしている物でも、デザインや機能によって、使い勝手は大きく変わってきます。

使い勝手が良いと感じる物を購入するには、レビューサイトなどで情報を得るのが良いでしょう。

iPhoneXのケースは、本体を衝撃から守り、見た目をデザイン性の高い物にしてくれますので、重宝します。

本体をそのまま、持ち運ぶのが不安であれば、ケースを購入して使っていきますと便利でしょう。

iPhoneX用ケースは裏面を保護するタイプから全体を包み込んで保護するタイプまで様々用意されています。多くの場合は裏面を保護して、表面、液晶部分は液晶保護シートで守るという方が多いようです。

iPhoneX用のケースはデザイン面で凝った物が多いのが特徴です。
iPhoneXは3から3GS、4と4S、5と5S、6と6Plusと世代ごとにケースの大きさが変わりますが、販売数が多いために各メーカーとも同じデザインで複数の世代用に出すことが多いようです。

現在一番利用が多いと言われています5と5Sが一番売れていますが、最新機種用もすぐに出すことが多いようです。


ケースについてはデザインを自分で決めることはできなかったのですが、最新のケースでは3Dプリンタを使ってユーザーからデータを受け取り自分だけのケースを作ってくれるサービスも始まっています。

3Dプリンタ用のデータはiPhoneXのボディデータを無償提供し、それにデザインを施すことができるサービスとなります。



特に裏面ををいじる方が多いですが、3Dプリンタの特徴である側面へのデザインもできるので利用者が増えています。値段は一般的なケースの倍近いことも多いようですが、デザインを重視したい特に女性からの注文が多いようです。
ケースについてはキャラクターをあしらったものが多かったのですが、シンプルな色で機能性を重視したケースも売上を伸ばしており、各メーカーでさまざまなデザインを販売していますiPhoneXは、アクセサリー類が多い事も人気の理由の一つになっています。

今回は、アクセサリーの中でも一番人気のあるケースについてお勧めを紹介したいと思います。
まず、ケースを購入する前に注意したい事があります。


それは、iPhoneXによってケースの種類が異なる事です。当たり前の事と思うかもしれませんが、例えば同じiPhoneX5でも5や5Sと5Cでは形状が異なるので専用のケースが必要です。


その為、自分のiPhoneXに対応したケースを選ぶ様にしましょう。


iPhoneX等のスマートフォンは、細かい塵や水分に非常に弱い構造になっています。
また、うっかり落としてしまい壊れてしまうという事もあるでしょう。
小さな子供がいる家庭でしたら、子供がベタベタの手で触ってしまう、投げてしまう等、子供のイタズラにより故障してしまったという話も良く聞きます。
その様なリスクを避けるために、防水、坊塵、耐衝撃に優れたケースが販売されています。



対応出来る程度は種類によって異なりますが、中には水の中に入れても水が一切侵入しないというケースや、3mの高さから落としても無傷といった高い衝撃吸収を誇るケースもあります。

購入する際は自分がどれを重視したいかで決めると良いでしょう。

一般的に流通している防水、坊塵、耐衝撃用のケースは非常に高価です。

5000円程度から中には1万円以上する物もあります。

時折、5000円以下で販売しているケースもありますが、偽物も多く流通しているので良く確かめてから購入すると良いでしょう。iPhoneXは防水機能がありません。


山や海で水に近いところで遊ぶ場合にはぜひとも欲しい機能です。

そこでおすすめなのが防水機能付きのケースです。

これまでiPhoneXを水場で使いたいときにはジップロックなどの密閉できる袋に入れて使ったりすることが多かったようですが、袋は外で使うと破れることが多いですし、なにより見栄えがよくありません。


お風呂で使うならまだしも、外ではなかなか使いづらいです。
防水ケースは防水機能のみを与えるタイプと防水のほかに防塵、耐衝撃機能をつけたケースもあります。
iPhoneXは防滴機能があると言われています。

防滴は雨の日などにちょと濡れてた程度です。

水に浸かれば意味がありません。防水機能にはIPXという規格があります。iPhoneXの防滴機能はIPX5程度はあるという方もいますが、基本的には水に使ったらだめなのでもっと下だと思われます。
防水ケースではほとんどがIPX7は維持しています。IPX7あれば水深1m程度で30分は浸かっていても問題無いと言われています。海や河で遊ぶ場合でもIPX7あれば十分と言えます。ただし、塩分が強い海での利用はできればすぐに海中から取り出して、帰りには水洗いしておくことをおすすめします。

防水ケースは万能ではありませんが、iPhoneXを裸で使うよりは十分効果が期待できます。
また、ケースのフィルムが性能が高くなっているのでケースに入れたままタッチ操作しても問題ないことが多いです。