iPhoneXにケースを導入する際の選び方

###Site Name###

iPhoneXケースは関連グッズとして高い人気を維持している商品であり、近年では様々な形状と材質のものが存在しています。

流通しているケースはiPhoneX本体の保護を目的とする構造に加え、おしゃれへ追求したデザインの商品も多く、利用者の使用スタイルに応じて最適なものを選ぶことが望ましいでしょう。

例えば浴室を始めとした湿度の高い場所及び雨が降っている状況下で頻繁に使用するのであれば、予め防水に優れたケースを選択しておかないと水没事故により故障する危険性が想定されます。



iPhoneXは精密機器であるため、水分に弱く最悪の場合は電源が入らないほどの故障を引き起こす例も考えられます。
防水専用ケースは高性能な商品の場合、水中に短時間沈めても問題が生じないことから、本体を守るために十分な効果を発揮できるでしょう。
また、衝撃に関してもiPhoneXの天敵といえる要素であり、背面のガラスが破損したり液晶画面が割れてしまう原因となります。衝撃から本体を守るには、薄型のハードケースよりも厚みのあるソフトケースが有効とされており、表面が柔らかいので衝撃を吸収しやすく本体の破損を防ぐのに役立つでしょう。

ただし、ソフトケースはおしゃれ目的と衝撃吸収を両立できる一方で、厚みは大きく増してしまう理由から見た目と持ちやすさに影響しやすく、ソフトケースの導入に抵抗を感じる場合は、薄くて軽量なハードケースを選んでもある程度の衝撃を防ぐことは可能です。iPhoneXは落下すると壊れてしまいます。

本体は無事でも液晶が特に弱いと言われています。
これはiPhoneXだけではなく、スマートフォン全体に言える問題でもありますが、液晶の大型化や本体の薄型化で今後も落下には注意しなくてはいけません。そこで注目されているのが耐衝撃性能を持つケースです。

簡易的な耐衝撃性能ではバンパータイプがあります。

バンパータイプはぶつける程度の衝撃から本体を守ってくれます。



また、iPhoneXの液晶はぶつけた程度では割れず、傷もつかないので日常生活ではこれで十分と考える方も多いようです。
しかし、バンパータイプは1m程度の落下でもコンクリート等に落ちれば液晶が割れる可能性が高いです。



そのため、外で使う場合にはバンパータイプでは心もとないのです。

耐衝撃性能を持つケースといえば無骨で厚みがあるケースを想像される方が多いのですが、現在のケースは手帳タイプよりも薄く、また、タッチ操作なども普通にできる構造となっているケースが多くなっています。
もちろん、価格は手帳タイプよりも高めに設定されていますが、耐衝撃性能に加えて防水機能も充実しているケースが多いのでお得と言えます。

また、この手のケースを使う際に問題となる充電ケーブルやイヤホン端子についてですが、ケースからiPhoneXを取り出すこと無く、キャップを外すだけで使えるように工夫されており、スピーカーについても防水、耐衝撃性を活かしたままクリアに聞こえると大変評判です。